光ファイバーや光通信技術の分野について

光ケーブルとマイクロ回線

デジタルコヒーレント受信器はディジタル縄張りで合図とLOの位相同期を実現し、随意の光線多値不順合図を復調できる。しかし、この受信器の処置できる無限大象徴レートはAD変換器及びDSP等の電子回路の速さに制約される。今、ディジタルコヒーレント受信器による10Gsymbol/sの誠アワー合図処置がレポートされているが、40Gsymbol/s以上の誠アワー合図処置はまだ至難である。

この課題を決着するのにに、合図から分周したクロックでLOをパルス化したディジタルコヒーレント受信器を動議する。この受信器により合図は光線アワー多重分解され、着電象徴レートが融和される。著者らはこの受信器を用いて160Gsymbol/sの光線多値不順合図を10Gsymbol/sのトリビュータリに光線アワー多重分解し、その1トリビュータリの復調に成功したのでレポートする。

伝送容積が要請されないとか途上が未開地、海とか自ずとパークなどで敷設が難しいな際はマイクロ回線です。 いわゆる僻地のイメージです。 まあインドなどは短期間に回線を設置できるなどの点で利用されているから僻地だけではないかもしれません。あれに対して日本国内は大容積インターネットが通常になっていますから光線ケーブルが本流です。 東京都は小笠原にも光線ケーブルを引いて通信が出来るようにするそうですから(今までは衛星経由だったと思います)最初の前提も徐々に崩れています。

マイクロ波のフェージング

マイクロ波浪で構造されている光通信回線は海上や土の照り返すの刺激を受けてフェージングが生成するとあります。この時代に両者の空中線の地上高を無限に上げていった時代にフェージングが生成しなくなる地上高ってないのでしょうか。地上高を上げていけば土への照り返す角度はどんどん大きくなり空中線が持つ指向性減衰量によりいつかは照り返す成分が帰ってこなくなるような神経がするのですが。。。あくまでも論理上の話であって事実には不能とは思うのですが・・・・。大神経圏内でフェージングがなくなる高さって論理上は既存しているように思えるのですが、やっぱり無理でしょうか。もちろん航空法や築造基準法・給電線の長さは黙殺してのお話です。

ノーマライゼーションは、どの方でも同じように活動できる境遇を整えるねです。たとえば、スクールにエレベータを設け、身障者も健常者と同じように学べる境遇とするねです。ダイバーシティは、様々な状態の名の「特性」をを活かし、全般でより多種な価値観を認め合い豊かになれる世界にするねです。たとえば、スクールに来ている研修生に、日本の習慣を押し付けるのではなく、その名の田舎の考え方を聴き、互いにできるだけ受容しあうようなねです。

ノーマライゼーションは全員を公平にするねであり、ダイバーシティは、その上方で、平等色を強くしたというより、裏腹に同じでないうえを主張しているといえるでしょう。


since2010 © phpYellow Pages